はな、お姉ちゃん始めました ~妹ひなはスパイスガール~

バーニーズマウンテンドッグのはなちゃんがやって参りました。その2年後には妹ひなちゃんも。賑やかになった日常を記録していきます。

シカ、日本に降り立つ

台湾出張より帰国しました!


9泊10日でしたが、何とか無事帰国です。

やっと、はなひなに会えます。



ホント、遊びじゃないんだよ。


でも



九イ分観光楽しかったなぁ(笑)
スポンサーサイト

こむたまはなひな、福島に降り立つ 番外編

福島で過ごした年越しキャンプ。

雪には恵まれなかったなぁ~と思いつつも、それでもワンズには雪遊びをさせてあげられたし、無機質な家の空間に居る事と比べたら楽しい時間を過ごさせてあげられたと思う。

ひなに関して言えば、遊び相手のたまごと四六時中一緒に居られたので、好きなときに好きなだけハッスルしてました。

はなも雪のなかを走り回ってたし。

ま、充実した時間を過ごせたんじゃないかな~。


さて、めでたしめでたしで終わった年越しキャンプですが、一部の外野が不満を漏らしているので「めでたくない」裏話【番外編】を。


話はだいぶ遡り、一年も終わりに近づいてきた11月頃から週末の度にこむたま家と行動を共にしていたはなひな家。

こむたま家がはなひな家にお泊まりしたり、はなひな家がこむたま家にお泊まりしたり。

楽しい時間を過ごしていました。

そして、長く同じ空間に居ると知らなかった事が見えてきたり。

その一つが「こむぱぱクオリティー」。

ビールを飲んだらサッさと寝てしまう(笑)

夜はまだまだこれからだぜ!的な粘り強さは一切無く、気付くと寝落ちしている状態です。

それを見たシカは眼からウロコです。

基本、こういう時は夜更かしするもんだと思っていました。

しかし、目の前で起こるこむぱぱクオリティー。

「あぁ。寝て良いんだ。」と学習し、後日こむぱぱクオリティーに習って、酒飲んでサッさと寝てみました。

するとどうでしょう。

何故か起こされるのです。

正確には寝させて貰えない。

思い起こせば、10月の連休に行った世捨て人キャンプでもそうでした。

あまりに眠かったので「30分だけ」と言って寝たシカ。

時刻は23時頃になろうとしていたハズです。

普通、この時間なら朝まで就寝させるのがあたりまえだと思う。

ところが、ホントに30分後に起こされたのです。

おかしいのです。

挙げ句、シカがお酒に極めて弱い事を良いことに、事ある毎にシカをドライバーに仕立てあげようと画策する3人。

もちろん、今回の年越しキャンプの企画段階でも、そんな話が持ち上がりっぱなし。

シカはね、考えたのです。

このまま思い通りになってはいけない。

今こそ革命を起こすとき!

現代のレ・ミゼラブルを!

と、云うことで、時は実質キャンプ初日の1月30日。

白河でとんかつラーメンを食べ、キャンプ場まで残り10kmちょっと・・・・というところで



「殿!謀反でござる!」




車はスリップし、縁石に激突。

車軸が曲がり、走行困難に(笑)

以下、訳ありハザードと化したエルグランドとトレーラー。



ワハハハ!

これでシカがドライバーにさせられる心配はありません。

お酒飲み放題の睡眠取り放題。

こむ家の野望を打ち砕いてやりましたよ!

シカ、天才です(笑)


つまり、初日も初日に車を壊しましたので、年越しキャンプブログ中の移動は「全てこむたま号だった」と云うことになります(笑)

もちろん、帰りの大内宿も日光東照宮だって例外ではありません(笑)

全ての移動がこむたま号~!!

ただし、こむたま号で帰って来たと言うことは、裏を返せば「もう一度福島まで行かなければならない」と言うことになります。

だって、エルグランドとトレーラーを福島に置いてきてますから(笑)

残念ですが、現実です。

以下、シカが単独で福島に行った時のお話となります。



朝8時、一路福島は会津若松市に向け出発。

写真は東京から郡山へ向かう最中の新幹線の中になります。

って、書いてしまうと簡単に移動してるように見えてしまいますが、実際はすんごい大変だったんです。

人身事故で(汗)

確か横須賀線で事故が起きて、JR関係は連鎖的に全滅。

JRから私鉄に逃げてきた人で溢れかえった主要駅もパンクで壊滅。

ただ待つことしか出来ない時間、プライスレス。

で、何とかかんとかして乗り込んだ新幹線。

まぁ、動いてしまえばアッサリしているもので12時過ぎには郡山駅に到着。

次は郡山から会津若松を目指すのです。


福島の車窓から(笑)

シカ、雪国での本格的な雪景色は人生初かもしれません。




神奈川で稀に起こるドカ雪などとは比べ物にならない程綺麗で幻想的でした。

唯一悔やまれるのが、何故この雪が年末に無かったのか・・・。

やはりリベンジマッチが必要のようです(笑)

ちなみに、この日のプランは修理に出したエルグランドを回収し、その足でキャンプ場へ向かってトレーラーを回収。

そして逃げるように福島から退散・・です。

時は1月。大寒波がやって来ていた時につき、決死の救出作戦です(笑)

14時、会津若松に到着。

14:40、ディーラーから車を回収しキャンプ場へ向け移動開始。

街中に雪はありますが、この程度なら問題なく走れます。

ま、この程度で済んでるのは除雪車が稼働してるからですけどね。

除雪車が稼働してない場所はどうなるか?

こうなります。

15時、キャンプ場の入口。

辛うじて走れますが、一抹の不安が・・・。

正確には一抹どころの不安では無かったんですけどね。

不安は的中します。

やっぱりか。

雪降ろしのサービスは付いて無いようです。

どうしろと?


仕方ないので、とりあえずは現実逃避です。

つかの間の青空が見えます。

もちろん寒いのですが、意外と暖かい不思議。


神奈川でこんな景色に巡り会う事は無いでしょう。


既にシーズンは過ぎ、キャンプ場を利用している人は一人も居ません。

静かなキャンプ場に、大量の雪。

嗚呼。はなひなを連れてきてあげたかったなぁ。

と黄昏た後に、目を戻すと

何も変化無し。

溶ける訳無し。

頼れるモノは自分ひとりと腹をくくり、作業開始です。





ここまでたどり着くのに2時間。

孤独と戦いながら、ひたすら雪かきと荷物を移動させ、何とか走らせられる状態に。

と言うよりも、これ以上遅くなると路面凍結の危険があるので、雪降ろしを途中で諦め脱出です。



時刻は17時過ぎ。

ま、時は既に遅しと言うわけで、路面は所々凍結。

壊したばかりですので慎重には慎重を重ねて下山。

そして近くのインターチェンジより高速に乗って帰って・・・・・

来る訳も無く!!(笑)

下道で10時間、深夜3時過ぎに帰って参りました~。

途中、こむ家からは「どう?」とか「大丈夫?」とか心配してくれている内容のメールが届いていましたが、下道で帰っていることを告げると

「信じられない・・・」

って言われた(笑)


だってさぁ、高速道路って運転するのはラクだし速く走れるから効率的だとは思うんだけど、シカ的には運転してて楽しくないのです。

渋滞は嫌いだけど、壁に囲まれた道路も嫌い。

むしろ下道だからこそ、途中で温泉入って、ラーメンも食べて、帰り道を謳歌できました(笑)

謳歌したからこそ深夜3時になってしまったのは否定しませんが・・・雪かき頑張ったし、このくらいは許されるでしょ(笑)


以上、はなひなが一切出てこない【番外編】でした(笑)

ちなみに、諭吉先生とは十数枚とお別れしました。

みんな、運転は気を付けてね。



ラーメン旨かったなぁ~




にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

FC2Ad