はな、お姉ちゃん始めました ~妹ひなはスパイスガール~

バーニーズマウンテンドッグのはなちゃんがやって参りました。その2年後には妹ひなちゃんも。賑やかになった日常を記録していきます。

格安!ユーザー車検

今回は、はなひなの話ではなく、キャンピングトレーラーのユーザー車検のお話。

はなひなは一切でてきません(笑)

そもそもね、我が家は

犬 から キャンプ

ではなく

キャンプ から 犬

という、少数派と思われるプロセスを経てきた歴とした(軟弱者だけど)キャンパーですので(笑)

ま、今回が初のユーザー車検につき、「記録」がメインです。

面白い「フラワー」のお話は一切ございませんのであしからず。


まず、陸運局へブツを運びます。

そして受付に行き、書類に記載します。



書類は3点。

継続検査申請書と自動車重量税納付書、そして自動車検査票。







で、トレーラーは重量税区分は何になるのだろうかと、思い悩みました。

乗用車と言えば乗用車ですが、自走能力を持ち合わせていません。

貨物と言えば貨物ですが、それは一般的なトレーラーは貨物であって、キャンピングトレーラーは貨物なのだろうか?

一番近いところでは、小型の二輪自動車。

二輪だし、自動車だし。

ただし、小型ではないところが引っ掛かります。

で、最終的に判断できず、職員さんに聞いてみたら、話は簡単でした。


「キャンピングトレーラーはその他です。」


そーですか(笑)

言われれば、そーなのねってなりますが、他の選択肢にそれぞれ少しずつ該当するので完全にフリーズしてしまったシカでした。

必要事項を記入したら、各支払いを済ませ、印紙をもらいます。

手数料1800円の印紙は自動車検査票に。

自動車重量税11400円の印紙は自動車重量税納付書に貼り付けます。




印紙が終わったら、自賠責保険の更新です。

2年で5010円。

支払いは以上。

ここまで終わったら、もう一度受付に行き、書類の審査をしてもらい、検査所へ車を連れていきます。



検査担当者に書類一色(継続検査申請書、自動車重量税納付書、自動車検査票、車検証)を提出。

ウインカー左右、ハザード、ブレーキ、バックライトが点くことを確認し、タイヤを叩いて、車体番号を確認。

最後に車内を2秒見せておしまい。

検査時間は1分。

合格印を貰ったら、再び受付へ行って新しい車検証を受け取り完了。

陸運局に到着してからサヨナラするまで1時間。

書類の書き方で苦労しなければ、あと15分は短縮できるかと思ったり。

今回ユーザー車検につき、費用は税金・保険で1
万8000円。

軽自動車以下のコストです。

これがキャンピングカーだと、「自動車としての車検」も必要になるから10倍近い金額になるんでしょうね。

トレーラー万歳です。


以上、シカのユーザー車検講座でした。

今回初めてのユーザー車検につき、おっかなびっくりで行きましたが、次回からは胸張って行けそうです(笑)



はなぽんさん、ひなぽんさん

夢のキャンピングトレーラーライフは、まだ続けられそうです。



にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

海の楽園とな

基本、週末の度にお出かけしているはなひな家。

ブログ(はなひなの成長記)として残していない事もチラホラとありますが、今回はそんな過去のお話はすっ飛ばして3月第二週の週末です。


この日は、こむたま家企画「わんことシーパラに行こう」と云うことで、十国峠に集合して、沼津を抜けて三津シーパラダイスを目指す旅となりました。

メンバーはこむたま、はなひな、そして百々さん。

このメンバー、実は2月の月初に幕張メッセであった「キャンピングカーショー」に行ったメンバーです。

キャンピングカーショーは、はなひな家の思いつきで百々家にご同行願いましたが、幸か不幸かその場でこむたま家思いつきの三津シーパラダイスにも勧誘され、遥々静岡までやってきた百々家でありました。


てなわけで、十国峠でエネルギー発散するはなひな。


百々さんもご機嫌顔です。


もちろん、こむたまも。

特にこむさんは、最近のお地蔵スタイルからは想像も出来ないアグレッシブっぷり。

何があったのでしょうか?(笑)


そんなわんこが遊んでる横で・・・

下を気にしている百々姉さん。

足元に何かあるの?って思いましたが

特に何も無く・・・・

あ~。つまりブラジルが気になっていたと?

仕方ないので、穴堀部隊トンチンカンの指揮官にも任命しましょう(笑)

近々、就任式を開かねば(笑)


さて、話を戻しまして、十国峠はあくまでも「ジャブ」です。

全てはシーパラダイスで大人しく過ごさせる為。

なので、ある程度遊ばせたら移動です。

まぁ、折角なので記念撮影はしましょう。

左から、ひな、百々さん、ご、はな、こむちゃん
なのですが・・・

当日、飼い主同士で「体格が似てて瞬間的には間違える」なんて話をしてたのですが、何だろう・・・

ひなと百々さん、若干顔も似てるか?(笑)



最近、ひなを「悪顔」とデスる人がいるのですが、これからは「百々さんも顔似てるんだぞ!」と言って巻き込む事にしましょう(笑)

それでもデスられたら、ドンマイです。


記念撮影が終わって、次に向かった先はシーパラダイス・・・ではなく、お昼ごはんです。


鯵づくし!

実に美味でございました。

飼い主が食事の間、我が家のはなさんが騒がしくなるのを懸念しておりましたが、何とかやり過ごしに成功。

十国峠効果と言えましょう(笑)

正確には、シカが食べ終わったと同時に騒がしくなりましたが、「食事中」ではないのでノーカウントでセーフです。

はなぽん、大人になりました。

飼い主の食事が終わると、お待ちかねのシーパラダイスです。

アナゴとウミヘビ。

どれがアナゴで、どれがウミヘビか・・・・

全く区別がつきませんけどね。

他にも、ライトアップされたクラゲや各種海の生き物が居まして、特にセイウチが水槽内を右に左に泳ぐと、百々はなも右に左に(笑)

ワンズも楽しんでいるようで何よりです。

でもね、シーパラダイスと言えばメインはコレだと思います。


イルカショーです。

コレを見ずしてシーパラダイスに来たとは言えません。


トレーナーと一緒に犬神家をしてるイルカの横では・・・・


別のイルカさんが練習ですかね。

水族館には滅多に行かないシカですので、このような「裏舞台」は見せないものだと思い込んで居ましたが、堂々と本番の傍らで練習させるんですね(笑)

新鮮でした(笑)

そして、練習に練習を重ねて、何時の日か・・・


トレーナーを


空中に置いてくる・・・・と(笑)


それにしても、しっかりと訓練されていて素晴らしい勇姿です。

我が家のはなひなに出来るとしたら犬ぞりくらいだとは思うけど・・・デスってくる奴らを見返してやりたいなぁ(笑)


最後は大ジャンプでフィナーレです。

これは百々さんにおまかせしようかな。

ジャンプ得意だし(笑)

そんな百々さんですが、イルカのショーが終了して園内を移動していると、何やら真剣な眼差しに。



その視線の先には


ショー待ちのイルカさん。

百々さん、鋭い眼光でロックオンです。

百々姉さんが本気で抑えてましたが、自由にしてたらどうなっていたのか・・・・気になります(笑)


ま、飼い犬は飼い主に似るって言いますからね。

アグレッシブなところ、そっくりって事で(笑)


で、三津シーパラダイスには

ペンギンさんに



アザラシさんが居たり。(アシカか?)

他にも何故か水族館にフクロウとかフラミンゴが居てパラダイスでした。

さて、イルカのショーは終わってしまいましたが
、次はアシカと他のイルカのショーがあると云うことで、暫し休憩です。


こういう場面では、バーニーズは見栄えが良いなと(笑)

ここでもはなひなは大人しくしててくれましたし。

大人のはなぽん、万歳です。

そして30~40分のインターバルの後、次のショーが始まりました。




こむたまが写って居ませんが、みんなで最上段の列で見学です。

ちなみに、我々以外にもわんこ連れのお客は多々居まして、ゴールデンとかハスキーなど、小型犬以外のわんこもしっかり確認できました。

で、本題のショーですが

サッカーボール乗せたり



テニスラケット乗せたり。

アシカさんは「乗せる系」のパフォーマンスが得意のようです。

対して、イルカさんは

やはり躍動感溢れる動きで魅了してくれます。

かと思えば

なんちゃらリングって言ってたかな?

こんな事も出来るんですね~。

やっぱりはなひなには何かに一芸を覚えさせるかなぁ~(笑)

ま、ムリなのは分かっているので、努力すらするつもりないけど。

さてさて。

文章にすると短いですけど、シーパラダイスにいた時間は3時間くらいだったと思います。

そして暖かかった気温もだいぶ下がり出した夕刻、カフェに移動し「寒い寒い」と言いながらケーキを食べて体を冷やす。

体が冷えたところで足湯に移動し、幸せを噛み締める(笑)

ぶっちゃけ、後半はわんこにとってメリット無し!(笑)

良いんです。

たまには飼い主優先でも。

わんこの幸せは飼い主の幸せ。

飼い主の幸せはわんこの幸せ。

ですから(笑)

なので、はなひなは車内で待機です。

はなが「暇だ」と騒ぎ出すのが目に見えてますから(笑)

足湯ではムダ話に終止し、1時間程居座っていました。

その間には、日が落ちて気温が一段と寒くなっていましたが、足湯効果で全身ポカポカです。

その後は夕飯を食べるべく更に移動して、そこでもムダ話に終止(笑)

結局、ムダ話が一番盛り上がります。

とりあえず分かったのは、こむたま家はひなをデスり、百々家姉妹ははなをデスっているということ(笑)

どうやら間違った認識をお持ちのようなので、もう一度だけご連絡します。



はなは大人になりました。

ひなは天使です。



てなわけで、惜しいですがお別れの時間もアッサリとやって来ます。

この日の東名は厚木・横浜町田間が夜間通行止めでしたが、百々家には東名で帰る事をお勧めし、解散(笑)

はなひな家は、こむたま家にお泊まりするのでした(笑)


で、翌日はこむたま家と雪遊びに行きまして、この土日で海と雪を満喫したのでした。



いつぞや水遊びをさせた時に、もう一度の雪遊びをはなひなに誓いましたが、しっかり約束は果たせました!

お利口なはなぽんさんとひなぽんさんでした。

これにて今シーズンの雪遊びは終了宣言します。



最後はうまく文章が纏まっていませんが、これにて長くも短いシーパラの旅は終了です。

夜間通行止めの東名を百々家に勧めた罰が当たったのか、はなひな家は事故渋滞で全く動かない東名を帰るのでした(笑)

こむたま家、百々家、お疲れ様でした。

次回からは、はなひな家には嘘の集合時間を教える事をお勧めします(笑)



はなぽん、ひなぽん

君たちのせいで、全然こむたま家で寝れなかったよ。



にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

今年初の水遊び

早いもので、気付けば今年も既に3月となりました。

そして、「せめてあと1度くらいは雪遊びを!」という思いに駈られる季節です。

が、本日の我が家は過去を振り返る事を止め、未来思考で攻めてきました。


今年初の水遊び(笑)

正確に言えば、はなは年越しキャンプで猪苗代湖を泳いでますので、今年初では無いんですけどね。

でも、あの時はあくまでも「雪遊び」を目的としていたので、カウント外とします(笑)

全く水を苦にしないはなぽんさんと・・・

水が怖くて、浅瀬が精一杯のおひな様。

枝を投げると、泳いで取りに行くのははなぽんさんなのですが・・・・


最終的には浅瀬でビビってるおひな様が横取りして一件落着(笑)

今年の夏の目標は、ひなの水苦手を克服させ、はなひなで泳がせる事とします!

水遊びをした後、フラフラと近辺を移動していると、こるく&のえる家を発見!

今回も写真が無いのが残念ですが、仕方ない。

間違っても、写真を撮ってないシカをうんこ呼ばわりしないようお願い申し上げます(笑)

んで、立ち話をしてた訳ですが、どうやら近々雪遊びをしにお出かけするとか・・・。

羨ましい。

未来思考とか言ってたはなひな家ですが、やはり過去にも未練タラタラだったり(笑)

結局、「あと一度くらいは雪遊びを!」を合言葉に今月は生きていくと心に決めたっていうお話でした(笑)


以上。

最近、ブログを一切更新してないので、生きてますという意味を込めて、手抜きブログを作成しました(笑)



はなぽん・ひなぽん

シカは基本嘘つきです。

雪遊びに行かなくても、文句は言わないでね(笑)


にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

シカ、日本に降り立つ

台湾出張より帰国しました!


9泊10日でしたが、何とか無事帰国です。

やっと、はなひなに会えます。



ホント、遊びじゃないんだよ。


でも



九イ分観光楽しかったなぁ(笑)

こむたまはなひな、福島に降り立つ 番外編

福島で過ごした年越しキャンプ。

雪には恵まれなかったなぁ~と思いつつも、それでもワンズには雪遊びをさせてあげられたし、無機質な家の空間に居る事と比べたら楽しい時間を過ごさせてあげられたと思う。

ひなに関して言えば、遊び相手のたまごと四六時中一緒に居られたので、好きなときに好きなだけハッスルしてました。

はなも雪のなかを走り回ってたし。

ま、充実した時間を過ごせたんじゃないかな~。


さて、めでたしめでたしで終わった年越しキャンプですが、一部の外野が不満を漏らしているので「めでたくない」裏話【番外編】を。


話はだいぶ遡り、一年も終わりに近づいてきた11月頃から週末の度にこむたま家と行動を共にしていたはなひな家。

こむたま家がはなひな家にお泊まりしたり、はなひな家がこむたま家にお泊まりしたり。

楽しい時間を過ごしていました。

そして、長く同じ空間に居ると知らなかった事が見えてきたり。

その一つが「こむぱぱクオリティー」。

ビールを飲んだらサッさと寝てしまう(笑)

夜はまだまだこれからだぜ!的な粘り強さは一切無く、気付くと寝落ちしている状態です。

それを見たシカは眼からウロコです。

基本、こういう時は夜更かしするもんだと思っていました。

しかし、目の前で起こるこむぱぱクオリティー。

「あぁ。寝て良いんだ。」と学習し、後日こむぱぱクオリティーに習って、酒飲んでサッさと寝てみました。

するとどうでしょう。

何故か起こされるのです。

正確には寝させて貰えない。

思い起こせば、10月の連休に行った世捨て人キャンプでもそうでした。

あまりに眠かったので「30分だけ」と言って寝たシカ。

時刻は23時頃になろうとしていたハズです。

普通、この時間なら朝まで就寝させるのがあたりまえだと思う。

ところが、ホントに30分後に起こされたのです。

おかしいのです。

挙げ句、シカがお酒に極めて弱い事を良いことに、事ある毎にシカをドライバーに仕立てあげようと画策する3人。

もちろん、今回の年越しキャンプの企画段階でも、そんな話が持ち上がりっぱなし。

シカはね、考えたのです。

このまま思い通りになってはいけない。

今こそ革命を起こすとき!

現代のレ・ミゼラブルを!

と、云うことで、時は実質キャンプ初日の1月30日。

白河でとんかつラーメンを食べ、キャンプ場まで残り10kmちょっと・・・・というところで



「殿!謀反でござる!」




車はスリップし、縁石に激突。

車軸が曲がり、走行困難に(笑)

以下、訳ありハザードと化したエルグランドとトレーラー。



ワハハハ!

これでシカがドライバーにさせられる心配はありません。

お酒飲み放題の睡眠取り放題。

こむ家の野望を打ち砕いてやりましたよ!

シカ、天才です(笑)


つまり、初日も初日に車を壊しましたので、年越しキャンプブログ中の移動は「全てこむたま号だった」と云うことになります(笑)

もちろん、帰りの大内宿も日光東照宮だって例外ではありません(笑)

全ての移動がこむたま号~!!

ただし、こむたま号で帰って来たと言うことは、裏を返せば「もう一度福島まで行かなければならない」と言うことになります。

だって、エルグランドとトレーラーを福島に置いてきてますから(笑)

残念ですが、現実です。

以下、シカが単独で福島に行った時のお話となります。



朝8時、一路福島は会津若松市に向け出発。

写真は東京から郡山へ向かう最中の新幹線の中になります。

って、書いてしまうと簡単に移動してるように見えてしまいますが、実際はすんごい大変だったんです。

人身事故で(汗)

確か横須賀線で事故が起きて、JR関係は連鎖的に全滅。

JRから私鉄に逃げてきた人で溢れかえった主要駅もパンクで壊滅。

ただ待つことしか出来ない時間、プライスレス。

で、何とかかんとかして乗り込んだ新幹線。

まぁ、動いてしまえばアッサリしているもので12時過ぎには郡山駅に到着。

次は郡山から会津若松を目指すのです。


福島の車窓から(笑)

シカ、雪国での本格的な雪景色は人生初かもしれません。




神奈川で稀に起こるドカ雪などとは比べ物にならない程綺麗で幻想的でした。

唯一悔やまれるのが、何故この雪が年末に無かったのか・・・。

やはりリベンジマッチが必要のようです(笑)

ちなみに、この日のプランは修理に出したエルグランドを回収し、その足でキャンプ場へ向かってトレーラーを回収。

そして逃げるように福島から退散・・です。

時は1月。大寒波がやって来ていた時につき、決死の救出作戦です(笑)

14時、会津若松に到着。

14:40、ディーラーから車を回収しキャンプ場へ向け移動開始。

街中に雪はありますが、この程度なら問題なく走れます。

ま、この程度で済んでるのは除雪車が稼働してるからですけどね。

除雪車が稼働してない場所はどうなるか?

こうなります。

15時、キャンプ場の入口。

辛うじて走れますが、一抹の不安が・・・。

正確には一抹どころの不安では無かったんですけどね。

不安は的中します。

やっぱりか。

雪降ろしのサービスは付いて無いようです。

どうしろと?


仕方ないので、とりあえずは現実逃避です。

つかの間の青空が見えます。

もちろん寒いのですが、意外と暖かい不思議。


神奈川でこんな景色に巡り会う事は無いでしょう。


既にシーズンは過ぎ、キャンプ場を利用している人は一人も居ません。

静かなキャンプ場に、大量の雪。

嗚呼。はなひなを連れてきてあげたかったなぁ。

と黄昏た後に、目を戻すと

何も変化無し。

溶ける訳無し。

頼れるモノは自分ひとりと腹をくくり、作業開始です。





ここまでたどり着くのに2時間。

孤独と戦いながら、ひたすら雪かきと荷物を移動させ、何とか走らせられる状態に。

と言うよりも、これ以上遅くなると路面凍結の危険があるので、雪降ろしを途中で諦め脱出です。



時刻は17時過ぎ。

ま、時は既に遅しと言うわけで、路面は所々凍結。

壊したばかりですので慎重には慎重を重ねて下山。

そして近くのインターチェンジより高速に乗って帰って・・・・・

来る訳も無く!!(笑)

下道で10時間、深夜3時過ぎに帰って参りました~。

途中、こむ家からは「どう?」とか「大丈夫?」とか心配してくれている内容のメールが届いていましたが、下道で帰っていることを告げると

「信じられない・・・」

って言われた(笑)


だってさぁ、高速道路って運転するのはラクだし速く走れるから効率的だとは思うんだけど、シカ的には運転してて楽しくないのです。

渋滞は嫌いだけど、壁に囲まれた道路も嫌い。

むしろ下道だからこそ、途中で温泉入って、ラーメンも食べて、帰り道を謳歌できました(笑)

謳歌したからこそ深夜3時になってしまったのは否定しませんが・・・雪かき頑張ったし、このくらいは許されるでしょ(笑)


以上、はなひなが一切出てこない【番外編】でした(笑)

ちなみに、諭吉先生とは十数枚とお別れしました。

みんな、運転は気を付けてね。



ラーメン旨かったなぁ~




にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

FC2Ad